プロのライターの文章はここが違う!アマチュアとの相違点

「プロのライター」が書く文章と、文章を書くことが好きな「アマチュア」が書く文章。もしかしたら、「あまり差がない」と感じることもあるかもしれません。実は、プロのライターは「文章がうまい」だけではないのです。では、プロのライターとアマチュアは、どこが違うのでしょうか。

■文章の良し悪しは「読者」によって決まる!?

明らかに日本語が間違っている場合を除き、基本的に文章に絶対的な「良い」「悪い」はないものです。それは、人によって「良い文章と感じるポイント」が違うからです。性別、年齢、職業、環境などが異なるすべての人に共通する「良い文章」を書くことは不可能、といっても大げさではないでしょう。

■仕事として文章を書いているのが「プロのライター」

では、「プロのライター」と「アマチュア」では、どこが違うのでしょう。圧倒的な違いは、プロのライターは「文章を書くことでお金をもらっている」ということです。

アマチュアであれば、斬新な言い回しを使ったり、読者が惹きつけられる言葉を多用したりしても構いません。また、どんな長さの文章でも大丈夫です。しかし、プロのライターは文章を書くことが仕事ですから、ひとりよがりな文章を書いたり、自分の好きなテーマや目的で文章を書いたりはしません。記事のテーマや内容、文字数など、依頼者の意向に沿いながらも、その記事のターゲットとなる読者層に合わせた文章を作成しています。

■プロのライターの絶対条件は「読者目線」!

依頼者がライターへ記事を依頼する際は、その記事を読んだ読者が「どんな気持ちを持ってほしいのか」「どんな行動を起こしてほしいのか」など、必ずなんらかの目的があります。プロのライターの役割とは、このような依頼者の意向をできる限り反映させた記事を書くことです。

なおかつ、プロのライターに必要なのは「読者の視点で文章を書くこと」です。読者層に合わせて単語や言葉づかい、文章から伝わる雰囲気などを使い分け、その記事のターゲットである読者にとって読みやすい文章を書きます。

漢字とひらがなのバランス、語尾、1文の長さなども読者層によって変えていくポイントです。また、場合によっては補足説明をつけ加えたり、簡単な言葉に言い換えたりするなど、徹底的に読者目線に立って文章を書きます。

その記事のターゲット層である読者が読んだとき、「簡単に読むことができた」「読んで良かった、ためになった」「すぐ試してみようと思った」などの印象を持てたとしたら、それはプロのライターとしての仕事をしっかりこなした、といえます。

■ライターを依頼するときは、意思表示をはっきりと!

経験とセンスを持った「プロのライター」は、読者目線で文章を書きます。もちろん、依頼者がライターの力量を見極めることは大切です。しかし同時に、依頼の際に、「どんな文章を書いてほしいのか」「最終目的は何なのか」など、依頼者側の意向をはっきり伝えることがとても大事だと考えます。

情報が多ければ多いほど、ライターは記事へのイメージがふくらみやすく、より依頼者の希望に沿った記事を書くことが可能になります。ライターとのコミュニケーションをしっかりとり、情報共有を怠らないようにしましょう。

「オトエイプロダクション」には、ご依頼者さまの意向を反映できるライターが多数在籍しております。依頼や発注の際には、こちらから「どのような記事を書いてほしいか」「どの読者層をターゲットとするか」などの細かいヒアリングをおこなっています。初めてのライター依頼も安心して、当社へおまかせください。ご相談、お待ちしております。

どんな些細なことでも結構です。
ご質問、ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

医療・士業に特化した編集プロダクション。 ライター取材,出張撮影,翻訳 ならオトエイプロダクション